トイレの種類について

トイレには、和式(手洗い付き、フラッシュバルブ、ハイタンク)、洋式(手洗い付き、ハイタンク)、小便器(ストール型、チューリップ型、壁掛け型)のように数多くの種類があり、ウォシュレット等も加わると、さらに仕組みが複雑化しています。トイレのつまりが発生した場合、その原因にもよりますが、簡単に対処ができない場合があります。

トイレットペーパーつまりの原因が、大量のトイレットペーパーの場合には、ラバーカップで吸い出すか、バケツ一杯の水を、高い位置から排水口に向かって流し入れる方法が有効です。あるいは、重曹を入れたお湯をためてしばらく置いておくことで、つまりの原因が溶けて解消することがあります。ただし、もともと排水口に何か異物が引っかかっており、そこに大量のトイレットペーパーを流し込むことで、完全に管がつまってしまった場合には、簡単につまりが解消しない可能性があります。そんな場合には、すぐに水回りの専門家に依頼して、修理をしてもらうようにしましょう。無理に自分で解決をしようとして、つまりの原因をより奥に押し込んでしまったり、大掛かりな修理が必要になるまで悪化させてしまう危険性もあります。トイレのつまりだからと安易に対処することは避けるようにしてください。

 

つまらせない為には

トイレトイレのつまりを発生させない為には、まず原因になるものを流さないことが大前提です。しかしながら、どんなことがきっかけで、トイレのつまりになるかは分かりません。ただし、トイレが徐々につまっていっている場合には、小さいながら予兆があることがあります。流れが悪くなった、あるいはボコボコと音がする、紙が流れずに残ることがある等、少しでも違和感を抱いた場合には、その時に水回りのプロに見てもらうようにしましょう。予兆に気づきながら放置しておいて、実際にトイレがつまった時に慌てて対処してしまい、費用が高くついてしまうという可能性もあります。症状が軽いうちに解消することは、とても大切なことですので、しっかりと認識しておくようにしてください。

プロの業者に依頼する場合、見積り内容はしっかりと確認するようにしましょう。信頼できるところが予め決まっていればいいですが、知らない業者に安いからと依頼してしまい、後で追加請求されてしまったというトラブルも多く発生しています。見積り後に、追加料金や出張料金、その他きちんと明記されているか、説明を受けたか等、しっかりと確認をしておくようにしましょう。何よりも、早め早めの対処を心がけましょう。

トイレのつまり注意点

トイレのつまりは、一度は誰でも経験されたことがあると思います。家の中の水回りで、毎日何度も使用する場所の為、最もトラブルが発生しやすいことが原因です。トイレのつまりが起こる原因は、そのほとんどが流してはいけないものを流してしまった為に起こります。

トイレトイレに流して良いとされているものは、基本的に、人の便と、トイレットペーパーと、水、この3点です。ただし、このトイレットペーパーも大量に流すとつまりの原因になります。ティッシュペーパーについては、水に溶けない性質ですので、つまりを引き起こす大きな原因になりますので、流してはいけないものに分類されます。他にも、水に流せると言われているトイレクリーナーや、赤ちゃんのお尻拭き等も、つまりの原因になりやすい為、本来は流すべきではないと考えられます。これらのペーパーは、厚手で大判です。何枚も流してしまうことで、つまりやすくなりますので、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。

トイレのつまりを防ぐ為には、何でもかんでも流してしまう習慣を止め、できるだけ一般ゴミとして処理することを心がけましょう。トイレのつまりの修理の為に、多くのストレスや高い費用が発生してしまうこともあります。日頃の心がけによって、つまりは防ぐことができます。トイレを正しく使用して、できるだけつまらせないようにすることがポイントですそれでも、何かを落としてしまったり、不慮の事故でつまりが発生した場合には、プロの業者を呼び、速やかな対処をしてもらうと良いでしょう。